読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画に生きる

ただの洋画好きです。字幕派です。

Die Hard ダイ・ハード

こんにちは、moeです。

 

movie1998.hatenablog.com

 

こちらの注意書きを見てから読んでくださいね!

今回は

Die Hard(ダイ・ハード)【1989年2月4日】

を観ました。結構前の映画ですね。

ブルース・ウィリスさんとウィル・スミスさんが大好きなので

お二人が出ている映画はどんどん観ていきたいと思います。

 

キャスト

 

ブルース・ウィリス (ジョン・マクレーン)

ボニー・ベデリア (ホリー・マクレーン) ジョンの妻

レジナルド・ヴェルジョンソン (アル・パウエル) ジョンの相棒として活躍する警官

アラン・リックマン (ハンス・グルーバー) 強盗グループのリーダー

アレクサンダー・ゴドノフ (カール) ハンスの右腕として活躍

 

こちらの作品は

ハッピーエンドです。

 

あらすじ

NY市警察のジョン・マクレーンは、ロサンゼルス在住で別居中の妻、

ホリーに会うため陽気なリムジン運転手アーガイルの運転で

クリスマスパーティ中のナカトミ商事へ向かうのであった。

そして、ジョンは無事にホリーと会うことが出来たのだが

突如、ハンス・グルーバーと部下たちが乱入。

ハンスらの目的は6億4千万ドルの無記名債券だった。

 

感想

今まで観た映画の中で、一番といっていいほど

アクションが壮大でした。圧巻です。

そして派手な爆破シーンも豊富であり、尚且つ話が分かりやすい。

はじめは昔の映画に抵抗があった私ですが、

これは1から観て間違いは無かったと断言できます。

合間に面白い場面が含まれているので息抜きもできますね!

エンターテインメント要素のある話が好きなので

とても楽しめました。

ただ、昔の映画なので字幕がちょっと少ないです。

ですが、不便ではない程度なので

英語が全くできない私でも理解できましたよ!

これを機に、昔の映画も観ていきたいなと思いました!

 

次回は、ダイ・ハード2の記事を書こうと思います!

 

 

ダイ・ハード (字幕版)