読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画に生きる

ただの洋画好きです。字幕派です。

Die Hard2 ダイ・ハード2

 

movie1998.hatenablog.com

 こちらの注意書きを見てから読んでくださいね!

 

今回の映画は

Die Hard2(ダイ・ハード2)【1990年9月21日】

を観ました!

相変わらず、主役のブルース・ウィリスさんの

落ち着いたしゃべり方が大好きです。

 

キャスト

ブルース・ウィリス (ジョン・マクレーン)

ボニー・ベデリア (ホリー・マクレーン) ジョンの妻

カーマイン・ロレンゾ (デニス・フランツ) 空港警察の署長

トルゾー (フレッド・トンプソン) 空港の管制部長

マービン (トム・バウアー) 空港の施設管理人

ビトー・ロレンゾ (ロバート・コスタンゾ) 空港警察の制服警官 カーマインの弟

グラント (ジョン・エイモス) テロ対策特殊部隊の隊長

リチャード・ソーンバーグ (ウィリアム・アザートン) WZDCのTVレポーター 前作にも登場

スチュアート (ウィリアム・サドラー) テロリストのリーダー

 

こちらの映画はハッピーエンドです。

 

あらすじ

マクレーンは空港で怪しい二人組を見つけ

荷物室での銃撃戦が始まるが、一人を倒し損ねてしまう。

そのことに関してロレンゾ署長はただの物取りだと重要視しなかった。

前作で仲良くなっていた警察パウエルに協力してもらい

死んだ男の指紋認証をしてもらったが、その死んだ男は

二年前にホンジュラスで死んでいたはずの元アメリカ軍軍曹であった。

ロレンゾ署長を無視し、管制部長のトルドーに事の重大さを話すが

その時、滑走路の着陸誘導灯が消え、計器着陸装置(ILS)も作動不能。

これは、旅客機の乗客全員を人質に取ったテロの始まりだったのである。

 

感想

相変わらず迫力のある映画でした。

そして、なによりジョンのぼやきや

マービンとの緩い絡みが落ち着きます笑

徹底的に敵を成敗し、

かなりすっきりさせてくれるのがダイ・ハードですね。

前作では、ビルの中でしたが

今回は飛行機とあって、どうやってジョンは戦うのか

そして、今回もどんな人と濃い絡みになるのか

アクション以外の楽しい見方もありますので

どうぞご覧くださいね。

 

ダイ・ハード2 (字幕版)
 

 

Die Hard ダイ・ハード

こんにちは、moeです。

 

movie1998.hatenablog.com

 

こちらの注意書きを見てから読んでくださいね!

今回は

Die Hard(ダイ・ハード)【1989年2月4日】

を観ました。結構前の映画ですね。

ブルース・ウィリスさんとウィル・スミスさんが大好きなので

お二人が出ている映画はどんどん観ていきたいと思います。

 

キャスト

 

ブルース・ウィリス (ジョン・マクレーン)

ボニー・ベデリア (ホリー・マクレーン) ジョンの妻

レジナルド・ヴェルジョンソン (アル・パウエル) ジョンの相棒として活躍する警官

アラン・リックマン (ハンス・グルーバー) 強盗グループのリーダー

アレクサンダー・ゴドノフ (カール) ハンスの右腕として活躍

 

こちらの作品は

ハッピーエンドです。

 

あらすじ

NY市警察のジョン・マクレーンは、ロサンゼルス在住で別居中の妻、

ホリーに会うため陽気なリムジン運転手アーガイルの運転で

クリスマスパーティ中のナカトミ商事へ向かうのであった。

そして、ジョンは無事にホリーと会うことが出来たのだが

突如、ハンス・グルーバーと部下たちが乱入。

ハンスらの目的は6億4千万ドルの無記名債券だった。

 

感想

今まで観た映画の中で、一番といっていいほど

アクションが壮大でした。圧巻です。

そして派手な爆破シーンも豊富であり、尚且つ話が分かりやすい。

はじめは昔の映画に抵抗があった私ですが、

これは1から観て間違いは無かったと断言できます。

合間に面白い場面が含まれているので息抜きもできますね!

エンターテインメント要素のある話が好きなので

とても楽しめました。

ただ、昔の映画なので字幕がちょっと少ないです。

ですが、不便ではない程度なので

英語が全くできない私でも理解できましたよ!

これを機に、昔の映画も観ていきたいなと思いました!

 

次回は、ダイ・ハード2の記事を書こうと思います!

 

 

ダイ・ハード (字幕版)
 

 

 

 

はじめまして

はじめまして!moeです。

このブログは、

1「自分は今までどんな映画を観てきたのか」

というのを記録する、もしくは

2「この映画観てみたいけど失敗したくないな」

という方へのブログです。

主に洋画になってしまうのですが、おつきあいください。

!!!注意!!!

2の方々への注意なのですが

私の感覚でブログを作成しているということをお忘れなく!

「ネタバレじゃないか!」とあなたが私に対して

思う可能性を秘めているかもしれません。

ですので、私のブログスタイルをお見知りおきくださいませ。

 

ブログスタイルはこちら

ブログタイトルは、映画の題名です。

【映画タイトル】公開日(日本)

・雑談

・主なキャストの方々

・ハッピーエンド or バッドエンド

・あらすじ

・感想

・次回観る予定の映画

 

という形になりますので

どうぞ、これから宜しくお願い致します。